保証制度を活用するには|人気の海外不動産で投資家を目指してみよう
男性と女性

人気の海外不動産で投資家を目指してみよう

保証制度を活用するには

男女

マンションやアパートなどは魅力的な不動産投資の1つです。でも敷居の高さを感じる人が多いのは事実です。その理由として、「大家さん」の立ち位置になると発生する業務の多さがあります。部屋の貸し借りがスムーズに行える物件が理想ですが、家賃が滞ったりなどのトラブルを完璧に防ぐ方法はないと言えるでしょう。こうしたデメリット部分を以前は連帯保証人制度でカバーしていました。入居時に連帯保証人を付けることで、家賃滞納などのデメリットを未然に防ぐものです。しかし、日本社会は大きな変化を遂げており、連帯保証人を親族内に依頼できないという人も増加しています。そこで、「賃貸保証会社」が登場しました。大家業務を代行することで、不動産投資に負担を感じる人を支援するものです。

2000年代以降急速にマーケットの中で成長した賃貸保証会社は、連帯保証制度と比べると非常に新しいシステムです。そのため従来の大家業務をこなしている人には真新しく映るかもしれません。大家業務を外注するには様々なアプローチがあり、特に最近人気の方法はアパートやマンションの購入時や建築時に賃貸保証会社と契約するものです。これは住宅関連会社が紹介してくれるシステムなので、入居者希望募集時にあらかじめ賃貸保証会社を活用できることになります。連帯保証人制度がない住まいを探す人も年々増えているので、予め賃貸保証会社をアリにしておくことで、入居者がスムーズに募れる可能性も高いでしょう。すでに建築してある物件の場合、賃貸仲介業に問い合わせると保証会社を紹介してもらえます。